top of page
検索
  • Inoue Natsuki

久しぶりの更新です


 大変久しぶりの更新となってしまいました。しかし、長山ゼミは変わらず開催されておりました。その間に、メンバーのプロトコル論文が大手国際紙にアクセプトされるなど様々なイベントがありました!

 さて、今回の内容ですが、これから1年程度かけて『現代疫学』(疫学教科書の金字塔『Modern Epidemiology, 4th edition』待望の邦訳版 2024.5.30発刊)の輪読会を始めることが決定しました。

 そこで、今回は、輪読を開始するにあたり,例として長山先生より『アドバンスト分析疫学』の第1章『分析疫学における基本的な研究デザイン』の解説がありました。まずは横断研究だけでは分からない部分を図表を用いて分かりやすくお伝え頂きました。その後、「コホート研究」と「ケースコントロール研究」の違い、続いて「ネスティッド・ケースコントロール研究」「ケースコホート研究」について噛み砕いて説明して頂き、メンバーとのディスカッションを行いました。

 具体的には、例えば研究疑問に沿って暴露とアウトカムの関連を調べる際、現在起点型の「コホート研究」を選択することが一般的です。では、「ケースコントロール研究」は何故行われるのでしょうか?サンプルサイズや手間などの実現可能性や効率性が高いことなどが「ケースコントロール研究」の利点としてあり(もちろんバイアスを減らすための工夫は必要)、それぞれの研究における時間軸や曝露とアウトカムの捉え方について具体例を用いてディスカッションし、理解が深まりました。OTとしても、目の前の対象者を良くしたい気持ち(ミクロな視点)は皆様お持ちだと思います。しかし、それとともに対象者やOT自身を取り巻く環境や事象を把握して理解すること(マクロな視点)は大変重要であります。そんな両方の視点を学べる貴重なゼミであると感じました。

今年度も、継続して輪読会や事例検討などすすめていきたいと思います!

 長くなりましたが、言葉ではなんとなく分かっているつもりでも学びを深めることでより理解が深まり視野が広がるという体験が出来る長山ゼミにご興味のある方は、是非お気軽にご連絡下さい。

最新記事

すべて表示

6月15日 長山ゼミ

本日のゼミは、各ゼミ生の進捗報告やWorld Federation Occupational therapists(WFOT) Congress 2022のエントリー等について話し合われました。 ゼミ生が新たな研究も進めて活気づいている長山ゼミですが、初学者にとって国際学会のエントリーは大変難解であると思います。エントリーの方法から支払いまで、経験豊富な長山先生の指導から国際学会エントリーへの道が

6月8日長山ゼミ

間が空いてしまいましたが、長山ゼミは、変わらず1回/週で開催しております。本日は、英文抄読を行いました。 本日の論文は「Latent class analysis of 216 patients with adult-onset Still’s disease」でした。成人のStill’s diseaseの方を対象に潜在クラス分析という統計解析手法を用いて潜在的な類型の特徴を見ていくこと、Kapl

1月12日長山ゼミ

昨年は大変お世話になりました。本年も長山ゼミをどうぞ、宜しくお願い致します。 新年一回目の長山ゼミでは、修了年度のゼミ生の口頭諮問についての確認や、各自の進捗についての報告を行いました。 余談ですが、諮問と試問は、広辞苑によりますと、諮問(=有識者または特定の機関に意見を求めること)試問(=人がら・知識・能力などを知るために質問する)との違いがあるようです。つまり、口頭諮問とは、修了するために有識

Comments


bottom of page